頭頂部 薄毛

頭頂部の薄毛が気になる人の症状とは

AGAはなぜ起こる?

AGAという言葉を最近聞く機会が増えたなと思う人も多いと思います。
早い人では20代の前半から多くの男性が悩まされている頭頂部の薄毛は男性ホルモンが原因のAGA(男性型脱毛症)かもしれません。

 

そもそもAGAは「テストステロン」という男性ホルモンと頭頂部や生え際に多く存在している「5αリダクターゼ」という酵素が結びついて生まれる「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが抜け毛や薄毛を進行させることが分かっています。

 

更に遺伝生活習慣の乱れによっても症状を進行させる恐れがあります。
AGAは育毛剤育毛サプリメントを使うことで改善するかもしれませんが、できれば病院で診察を受けることが望ましいです。
病院では検査や問診の後に内服薬が処方されますが、この内服薬は5αリダクターゼの働きを抑える効果があります。

AGAの相談は専門の病院で

AGAは放置しておいても絶対に治らず症状はゆっくりと進行し、また治療を開始するタイミングが遅くなるほど治るまでに時間がかかります。
病院に相談する場合は皮膚科内科でも相談できますが、できれば専門的なケアを行う薄毛治療専門の病院で相談することをおすすめします。
無料でカウンセリングだけでも行える病院も増えているのでぜひ利用しましょう。

若くても頭頂部の薄毛に悩む人が増えています

若ハゲは男女関係なく起こる

10代の後半から頭頂部の薄毛に悩まされる人が増えています。
いわゆる「若ハゲ」(若年性脱毛症)は男性だけでなく女性も起こりうる病気です。
30代になってからのAGAは生え際や頭頂部から徐々に薄毛になっていくのに対し、若年性脱毛症は髪の一部が抜け落ちる症状もあります。
若年性脱毛症を起こす原因はいくつか考えられます。

 

男性の場合は30代になると発症するAGAを起こす原因の男性ホルモンが若いうちから分泌されるためであり、病院で男性ホルモンの働きを抑制する薬を処方してもらうことが望ましいです。
その他にも若いうちはついつい食べ過たり飲み過ぎてしまうなど食生活で無理をしがちです。
また少しの睡眠でも次の日には元気になるため育毛のためのホルモンが分泌されにくくなります。

22時〜2時は寝ることが大事

毎日は無理であっても夜10時から2時の間(育毛のためのホルモンが分泌される時間)に眠る機会を
1週間に数日だけでも作るだけで変わってくると思います。
更にタバコや過度のストレスも原因です。

 

若年性脱毛症は30代以降のAGAと比べると治療をすれば治りやすいと言われているため、症状が気になり出したら早めに病院へ行って診察を受けることで改善するまでの時間も早くなるでしょう。